車査定とディーラーによる下取りでは、どちらがより

車査定とディーラーによる下取りでは、どちらがより

車査定とディーラーによる下取りでは、どちらがより高く買い取ってくれるのでしょうか?車種や色、車の状態にもよりますが、車査定の方が高く買取ってくれることが多いようです。
ディーラーの下取りは一律の標準査定価格を基にしていますから、愛車の状態や色は無関係な事も多いですし、さらに、購入する新車の値引き額を考慮した価格として提示されることが大半のようです。

そのため、価格の交渉が困難になることは必至で、車本体の評価額がいくらなのか、不透明なこともあります。


ということで、車の処分については、ディーラー下取りよりも車査定の方が高く買い取ってくれることが多いようです。個人売買だとトラブルが起こる可能性も多くありますが、車査定の場合にはトラブルの心配は皆無です。

個人売買の際には、車を渡したのに、代金を回収できなかったり、お金を支払っても車を納品してもらえないといったリスクの可能性があります。売却後に車を買った人から苦情がくることも珍しくありません。

中古車購入時に気になってくるのは、年式はもちろんのこと、走行距離になるでしょうね。一般的に言って中古車の走行距離とは、年間で1万km程度と考えられています。

だから、10年間の使用で10万kmほどの走行距離が一般的な中古車の走行距離になります。買取で高値が付く車というとなんといっても軽自動車です。



「最近では足代わりに安い車が欲しいというお客様が増えてきている」「店で代車としても使えるのでムダがない」という話は中古車業者の間でもよく言われているようです。

ここのところ、普通車に近いサイズの軽自動車も増えてきたので、家族連れからの需要も意外とあるようです。軽自動車は燃費の良さだけでなく税金も安く、仕入れる先から売れていくので、査定額が高くなるのも納得できます。
査定を受けることが決まった車について、傷やへこみをどうしようか判断できないケースもありそうです。傷については、自分で直せる程度の小さなものなら、きれいに直して評価アップを期待したいところですが、修理工場に出すまではしなくても大丈夫です。なぜなら傷を直したことでいくらか査定額がプラスされてもたいがい修理代の方がはるかに高くなるためで、自分で直せないくらいの傷なら修理しないままで査定を受け入れるのが良いでしょう。私の車は以前、事故に遭っており、修理屋さんでフレームを直してもらったため、修理歴のある車ということになるでしょう。しかし、修理跡は簡単に見ただけでは分からない箇所にあります。

車の買取依頼にあたって修理歴は言わなければならないのでしょうか。
後になってそれを理由に減額を請求されても嫌ですし、裁判沙汰になどされると一大事です。

そうしたリスクを勘案すると、修理歴は素直に報告しておくことにしました。

持っている車の売り方について思うことをあげてみました。車内をクリーンな空間にしたり洗車をしてよい見た目にしておくことがポイントです。走行距離が多いと売る際の金額が低くなってしまうので、下取ってほしいと思ったら早々に売却することを考慮したほうがいいと思います。



自動車税が高い最近では、中古車は結構人気です。


補足ですが中古車の価格交渉は可能なの?なんて思う人も中にはいるかもしれませんが相場についての情報を集めておくと値引きしてくれるケースがあります。
車の知識がある人に同行して確認してもらうと値引きしてもらえる場合がありますよ。


この間、インターネットの一括査定サイトで探して、中古カーセンサーの車査定業者の出張査定を依頼しました。この業者は無料出張査定を行っているので、手数料なしで査定を受けられました。新車を買ったところで下取りに出したときには、査定料もかかりましたし、実は買取の方が得だったことがわかったので、これからは、古い車の売却は買取に限ると思いました。



オークションなどをすすめられたこともありますが、車の個人売買は素人には難しいそうですし、きちんと対応できる自信もないので、業者に買取を依頼した方が気が楽です。



車査定で真っ先に見られる走行距離は、長ければ長いほど不利な評価を受けます。おおむね、10万キロを超えると、高級車や名車と言われていてもほぼゼロ円に近い値段だと覚悟しておいてください。走行距離が同じで、乗車期間が長い車と短い車を比較した場合、短いほど査定では不利になります。

短期間に酷使された車だと評価されるのが普通だからです。